SUZUKI エブリィ DA64V x JIMNY JB23W ホーシング #リフトアップ

お気軽にお問い合わせください。

営業時間
10:00〜19:00
定休日
火曜・第1日曜
MENU
SUZUKI エブリィ DA64V x JIMNY JB23W ホーシング #リフトアップ

HOME > : キャリートラック > SUZUKI エブリィ DA64V x JIMNY JB23W ホーシング #リフトアップ

SUZUKI エブリィ DA64V x JIMNY JB23W ホーシング #リフトアップ

SUZUKI EVERY DA64V x SUZUKI JIMNY JB23W

エブリィにジムニーの車軸をドッキング

エブリィのノーマルのサスペンションを全て取り払い、ジムニーのサスペンションシステムを融合させています
言わずもがな、ジムニーは優れたオフロード性能を持つ車両として広く認知されています
ではなぜジムニーが優れた走破性を持つか?それは車軸懸架式という構造が採用されているモデルであるからです
現在新車で販売されている車両で車軸懸架式(ホーシングまたはリジッドアクスルと呼ぶ)を持つ車両は限られています

現代の多くのクルマは乗り心地や衝突安全性を考慮し、左右のタイヤが独立して動く構造になっています
もちろん一般走行においてはこちらに軍配が上がります
しかし、オフロード走行においては左右のタイヤが一本の車軸で繋がっているホーシングが有利であります
(これについてはここで理由を述べだすとキリが無いので控えておきます)

ノーマルのエブリィの足回りでいくら「リフトアップ」しても結局はオフロードの走破性は変わらない
むしろ、各アライメントが狂い操縦安定性という意味ではデチューンでしかないと我々は考えます
※リフトアップは和製英語だが便宜上使わせてもらう

しかももう少し細かくいうと、これは「リフトアップキット」ではありません
ジムニーの足回りを入れた結果的に8インチ(これは10インチ)上がった。という理論になります

世間では、車高の高さ=走破性の高さと考えられがちですが、
全くそうではありません

エブリィやキャリィのノーマルの足にブロックを入れて4インチ車高が上がったとしても、
4インチ分の走破性が上がるわけではありません
背が高くなっただけです

ジムニーの走破性(ホーシング)が欲しい、しかし広い荷室や荷台も欲しい
軽トラ(軽バン)にジムニーの走破性が欲しい、、、、

ここで我々が考え出したのはノーマルの独立ストラット式サスペンションを取り払い、
ジムニーが持つ車軸懸架式(ホーシング)へと変更すること

ジャンルにもよるがオフロード走行、特にロックやモーグル斜面においてホーシング式が圧倒的に有利なのはご存知の通り
ジムニーホーシングを使う恩恵はこれだけではなく、前後デフロック・トランスファーダウンギアやその他
数多くあるジムニー用アフターマーケットパーツを使えるのも大きなメリットの一つです

もちろんこれだけの改造を施したとしても、運輸局から公認を取って堂々と公道を走らせています
注:今回カスタムしたエブリィは普通車登録へと変更している

一昔前の四駆全盛期以前から、
我々は改造シーンにおいて車軸・エンジン・ミッションの変更、その他の重作業を走破性の向上という目的において行っている
これは令和の時代においても根本的な考えは変わらない

一番ベーシックにホーシング移植するだけであれば約90万円からで可能
あとはあなたの好み次第で様々なカスタムが可能
いわゆる見た目だけの「リフトアップ」ではなく理論づいたカスタムであることを、この車両をご覧いただき実感して頂きたい

キット詳細はこちら

この車両は10インチリフト

基本は8インチから
8インチなら軽登録可能

オリジナルワイドフェンダー
60mmワイド

ワイドフェンダーに合わせて
ヒンジ延長もオリジナル

オリジナルフロントバンパー
ワンオフでのオーダーも可能

オリジナルサイドステップ
これもワンオフオーダー可能

トランスファーもJB23を使用
2Hi,4Hi,4Loを手元で選択できる

サブフレームを介して
ホーシングをドッキング

本来ストラットが付いていた部分には
何もないことが分かる

ラック&ピニオンからアイドラアームを介し
リレーロッドにて入力している

ラック&ピニオンの台座は
サブフレームへ移動

インタークーラーパイプのマウントも
オリジナルで設計

リーディングアームの取り付けは
サブフレームに

サブフレームは基本的に元々のボルト穴を
使用する為ボルトオンである

フロントプロペラシャフトのセカンダリー部分

トレーリングアームもサブフレームへ

トランスファーもJB23
ローギア化することも可能

リアプロペラシャフトはシャフト長を計測し
短縮加工を行い取り付け

トランスファーの位置関係上、
燃料タンクを一部加工

リアホーシング

既存のボルト穴を利用

オリジナルマフラーの設計も
足のストロークを考慮

前方・左側面視界確保の為
2カメラを設置

205/80サイズのタイヤも
インストール可能

サブフレームのキット全体像
※別途JB23足回りが必要